2009年06月21日

先日が誕生日だったということで

河口湖畔にある、秀峰閣 湖月へ行ってきました。

もうね、ここ凄いのです。

チェックインの後はラウンジで美味しい昆布茶をいただき、飲み終わったらいざ客室へ。
客室からの展望は、目の前に河口湖、その先には富士山と、絶好のロケーション。
しかもその絶景を眺めながら客室に付いた足湯や露天風呂に入れるという、なんとも贅沢なお部屋でした。

部屋からの眺望を写真に撮ってこなかったことを、本気で悔やんでおります。

そして食事がまた凄くて。
出るわ出るわ食べきれないほどに。
私が誕生日だということで、とどめにケーキがホールで出てきた時はどうしようかと思いました。
連れはケーキに手も付けずに、満腹でダウン。
1人で食べた誕生日ケーキは甘すぎず、とても美味しかったです。
さすがにホールは食べきれませんでしたが。

スタッフの方々も温かみがあり、ぜひまた泊まりたいと思える、とても素敵な旅館でした。

写真撮ればよかったなぁ…。
posted by カッパ at 20:17| Comment(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

沖縄の旅 五日目

そろそろ記事を書くのに飽きてきたカッパです。
今日は一気に那覇まで戻ります。
道の駅マニアの私は逃さず道の駅2カ所に寄りつつ。
お土産を買いに何とか御殿へ寄りつつ。
PA0_0020.JPG

残波岬にも寄りつつ。
PA0_0017.JPGPA0_0018.JPGPA0_0019.JPGPA0_0016.JPG

識名園等にも寄りつつ。
PA0_0012.JPGPA0_0013.JPG

ハブに注意しつつ。
PA0_0011.JPG

夜の国際通りはエキサイティングでTシャツ屋だらけ。
posted by カッパ at 16:49| Comment(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

沖縄の旅 四日目

今日も今日とてブセナテラス。

気になっていたグラスボートに乗る。
水深10m以上まで見渡せる透明度の海は、高所恐怖症の私には少々きつい乗り物でしたよ。でも、すっごくきれいでした。また魚がよく船に懐いています。船が来るとエサが貰えるとよくわかってるんですね。写真はグラスボートから海中を。
PA0_0052.JPG

その後、更に気になっていた海中展望塔とやらへ。
PA0_0054.JPG
この橋の先にあるのが海中展望塔らしい。
海中の展望塔。名前の通りなら海を見渡せるということなんだけど。
海中展望塔への橋の入り口。
PA0_0050.JPG

橋の途中。
段々と展望塔の姿があらわに。
PA0_0034.JPG

いきなり展望塔の内部。
外観を取り忘れたのは内緒。
PA0_0041.JPG

螺旋階段を下りていくと、そこに待っていたのは。
PA0_0040.JPG
船のような丸窓がたくさん。

丸窓を覗くと、そこには青く透き通った海の中。そして泳ぎ回る魚の群れ。
PA0_0036.JPGPA0_0038.JPG

ちなみに、塔の周りに魚を寄せるためにエサをまいているようでした。

その後はどこに出かけるでもなく、ホテルでのんびりと贅沢な時間を過ごしました。
連れはエステに行くというので、私はテラスでのんびり読書しつつ昼寝。ちょっと寝るだけのつもりが本気で寝てしまい、部屋の鍵を持たずに出ていた連れが部屋に入れなくなるという。フロントから電話がかかってきてたたき起こされましたよ。

この日の夕食はホテル内のレストランでコースをいただくことに。
PA0_0030.JPG
写真はテーブルの飾り付けとパン。このパンが美味しいんだけど、それ以上に付いてきたバターが美味しかった。とてもおいしかった。バターなのにさっぱりしてるんだよ。お店の人に何が一番美味しかったか聞かれたので、バターと即答してしまいました。お店の人は一瞬苦笑いした後、自分も気に入ってると話を合わせてくれました。このバターは北海道産だということを聞いて、苦笑いの意味が何となくわかった気がしましたw

食器も盛りつけも綺麗。
PA0_0028.JPG
PA0_0027.JPG
posted by カッパ at 23:05| Comment(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

沖縄の旅 三日目 其の三

宿泊はブセナテラス。今日から2連泊です。
写真はグラスボート乗り場から。
PA0_0053.JPG

ここのホテルはよかった。
ロビーが吹き抜けで気持ちよく、スタッフの対応も丁寧で。

ホテル敷地内のプール。
PA0_0057.JPG

部屋は最上階のオーシャンビュー。
部屋のテラスにはイスとテーブルが用意され、のんびりと過ごせますよ。
お風呂からも海が見えるように作られていて、なんともいいお部屋。
見てこの絶景。部屋からの景色ですよ。
PA0_0059.JPG

2階のレストランから。
プールの先に見えるのがホテルのプライベートビーチ。
PA0_0062.JPG

本日の夕飯はまた素敵なところ。
PA0_0051.JPG

このレストランは、好きな魚を選んで、好きな調理方法を選ぶという、ユニークな注文方法。魚によって値段が違うんだけど、ピンからキリまであって面白い。
しかし、魚の切り身が2600円。ホタテですら1つ900円以上。調理代も含まれてるから仕方ないんだけど、高いという印象は否めないw
posted by カッパ at 22:21| Comment(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の旅 三日目 其の二

念願の美ら海水族館に到着ですよ。
PA0_0102.JPG

入ってすぐの水槽では、磯の生き物に触れることができます。
ナマコはぐにゃぐにゃ、ヒトデはカチカチ。
PA0_0063.JPGナマコPA0_0099.JPGPA0_0094.JPGPA0_0093.JPGPA0_0092.JPGPA0_0091.JPGPA0_0090.JPGPA0_0085.JPGPA0_0082.JPGPA0_0080.JPGPA0_0079.JPGPA0_0077.JPGPA0_0074.JPGPA0_0069.JPGPA0_0066.JPG
PA0_0081.JPGPA0_0076.JPGPA0_0075.JPGPA0_0072.JPG

大水槽で悠然と泳ぐ3匹のジンベイザメには圧倒されます。

きゃーたべられるー。
PA0_0088.JPG

ああ、またたべられるー。
PA0_0064.JPG
posted by カッパ at 15:39| Comment(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

沖縄の旅 三日目 其の一

今日はいい天気。
いい天気の沖縄といったら、海に行かねばなりません。

海と休憩所とギャル。
PA0_0108.JPG

島と島とを繋ぐ橋。
PA0_0105.JPG

島と島とを繋ぐ橋 其の二
PA0_0103.JPG

島と島を繋ぐ橋だらけの沖縄。
posted by カッパ at 13:00| Comment(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

沖縄の旅 二日目

あいにくの曇り時々雨な天気。

暑い沖縄を想像していたので、肩をすかされた感じです。
ホテルに届いたレンタカーのナビ付きマーチ。色は青です。
バス専用レーンなど沖縄独特の交通ルールを聞いて、いざ沖縄の道路へ。

PA0_0117.JPG

沖縄はレンタカーが多い。
道を走ればレンタカーに当たる。
かく言う私もレンタカー。
電車がほとんど無いので、レンタカーがないと観光は辛いのね。
道路の雰囲気も関東と違い、まったり雰囲気。
いいところだ。

とりあえず、最初の目的地の海中道路へ。
海中だけど海の上。
天気はイマイチだけど、時折顔を覗かせる太陽がきれいな海を照らしますよ。
写真はまだ出来てないからまた今度。

2泊目のホテルはカヌチャベイホテル。
アホみたいに敷地が広く、レストランに行くのにもカートを借りて移動するくらい。
このカートの運転が癖があって楽しい。バックの時は何の警報かと思うくらい大きなプーという音が響き渡る。夜に運転するときにはバックしないで済むように気を遣うw

夕食はちょっと豪華にフレンチっぽいコース。
料理を写真に撮ろうと思ったけど、そんな雰囲気じゃなかったから断念。

PA0_0114.JPG

部屋も広くてお風呂も広くて、とても快適。
お風呂からは海が見渡せるんだけど、曇り空でよく見えない。
惜しい。惜しすぎる。

はい、ではお休みなさいですよ。
PA0_0113.JPG
posted by カッパ at 23:55| Comment(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

沖縄の旅 初日

羽田発20時くらいの便に乗って、沖縄へ着いたのは23時過ぎ。
夜中の那覇空港には人がいない。
人がいないからまったく沖縄に来た実感がないという。

那覇空港からタクシーで沖縄ハーバービューホテルへ。沖縄の街並みを眺めていたけど、夜中ということで人も少なく、やっぱり沖縄へ来た実感がわかないという。

PA0_0121.JPG

沖縄ハーバービューホテルの客室から夜景をパチリ。
そして倒れるように就寝Zzz
posted by カッパ at 23:36| Comment(3) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

紅葉狩り

momiji.jpg

ちょっと時期的に遅いかなとも思ったんだけど、行ってみたらそんなことはなく、いい感じに紅葉していた。
仙石原のススキは満開だし。
写真は箱根ターンパイクの途中で撮影。
上から下へのグラデーションが綺麗だったんだけど、携帯電話のカメラじゃイマイチ。

ドライブイン大観山が開いていたので寄り道してみると、茹でたての黒タマゴをバラ売りしていたのでおいしく食べる。なかなかバラ売りしているところはないので、食べたのはずいぶんと久しぶりの気がする。
ちなみに、ドライブイン大観山は昨年に閉鎖されたが、今年の7/30から営業を再開したらしい。
箱根ターンパイクは通行料高過ぎ。
半額にして欲しい。

今回の目的は紅葉狩りと温泉だったので、良さそうな温泉を探す。
普段は気軽度ナンバ−ワンの勘太郎の湯が空いててお気に入りなんだけど、たまには違う温泉にも入りたい。とはいえ、楽遊壽林自然館は高いし、山の茶屋は立ち寄り湯の受付時間を過ぎている。どこにしようかと迷っているうちに湯本まで来てしまったので、"日帰り入浴"と"露天風呂"の文字が目についたところに飛び込んだ。

建物がいい感じに古くさくて、でも温泉施設は結構綺麗でなかなかいい。休憩室は微妙な雰囲気だったので、個室を借りてまったり。部屋の雰囲気もどことなく旅籠っぽい。中には温泉付きの個室もあるようだ。入浴料は1,000円、タオルとバスタオルは販売で合わせて800円、部屋を借りるのに2,500円…だったかな。よく覚えてないんだけどw
何という温泉だったかも忘れてしまったのが問題か。
今度行ったら名前をちゃんと覚えてこよう。
posted by カッパ at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月25日

えのすい

念願の新江ノ島水族館へ行ってきた。

kani.jpgsagami.jpgika.jpg
sakana01.jpgkurage.jpgtaco.jpg

結論から言うと、凄くいい。
えのすい最高。
地元だからひいき目なのは仕方ないということで。

入るとまず、波の押し寄せる磯が目に飛び込んできて、ガッチリハートをキャッチ。この磯の水槽は、このためだけに特設されているのではなく、新江ノ島水族館の目玉の一つである相模湾大水槽の一部なのがまた凄い。

この相模湾大水槽は本当に大きく、相模湾に住む魚達が自由に泳ぎ回っている。特に8,000匹のイワシの大群はとてもおいしそう綺麗だ。この大きな水槽を色々な角度から観察できるようになっているのには感動した。見る場所によって景色も変わり、泳いでいる魚も違う。小魚の合間を縫って、時折大きなエイやシノノメサカタザメが泳いでいるのを眺めているだけで楽しい。

えのすいと言えばクラゲ。
新江ノ島水族館になってもそれは変わらない。
ということで、クラゲゾーンには無数のクラゲが舞っていた。ほとんどのクラゲは可愛くないんだけど、水クラゲは見ていて和んだ。

イルカのショーは狭い水槽を逆手に取って、迫力満点だ。
狭い水槽の中を、最大で8匹のイルカが同時に高速で泳ぎ回る。ぶつかるんじゃないかと、見ている側がヒヤヒヤするくらい狭い。客席との距離も近いので、前の方に座ると本気で水がかかる。観に行く人は気をつけよう。イルカよりも遥かに大きいオキゴンドウがイルカと一緒に跳ね回る姿は特に迫力があった。

ミナゾウがいないのは残念だったけど、献花台で手を合わせられたので満足だ。

sakana02.jpg
posted by カッパ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月21日

みなさかなー

エプソン品川アクアスタジアムへ行ってきた。
ホテル併設の屋内水族館なので、それほど広くない会場…
と思っていたら、イルカプールの会場は結構な広さ。
作られてからまだ間もないということもあって、
ショーは荒削りだったけど、それが新鮮で良かった。
イルカショーの後にトレーニングの様子を観られるのも、
ここならではだと思う。
水族館としてはまだまだ発展途上…だがそれがいい。

海中トンネルにはエイとサメが泳ぎ回り、
頭上を泳ぐ時にはお腹側が見られる。
ちょっと気持ち悪いけど面白い。
マンボウが大きな水槽に1匹で佇んでいるのは
物悲しく哀愁を感じる。
ペンギンはどこの水族館でも元気いっぱいだ。

プリントアウトして簡単に作れるペーパークラフトが
豊富なのは、エプソンならでは、かな。

01.jpg02.jpg03.jpg
04.jpg05.jpg06.jpg
07.jpg08.jpg09.jpg
10.jpg11.jpg12.jpg

…そういえば、トンネル型の水槽は結構見かけるけど、
足下を泳ぐ姿を見られる水槽は少ない気がする。
知っているのは国営アルプスあづみの公園くらいか。
トンネル型じゃないけど。
歩く時の振動が伝わってしまうので、難しいのかな。
posted by カッパ at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月22日

ただいま。

のんびり過ごした信州旅行も今日が最終日。

最終日は観光せず、松本でお土産を買って帰路につく。
途中、昼食にと初日に行ったら休みだったラーメン屋へまた行ったらまたまた休み。
今回の旅行では、このラーメン屋とは縁がないらしい。

S.A.マニアとしては、用がなくてもS.A.に寄らねばならない。
友人がザザ虫の佃煮を欲しがっていたので双葉S.A.で買っていく。
渡したときに微妙な顔をされたが、気にしない。

ということで、無事に帰って来ました。
posted by カッパ at 00:58| Comment(2) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月21日

買いものの1日

image/kawanagare-2005-09-21T07:08:07-1.jpg

信州はガソリンが高い。
どこへ行っても138円だ。
地元でいつもガソリンを入れているところは121円だったので、軽く引いた。

それはさておき。

安曇野ちひろ美術館へ行った。
そこで長新太氏の「ごろごろにゃーん」と「へんてこ へんてこ」を衝動買いして和む。
更にクヴィエタ・パツオウスカー氏のポストカードを10枚衝動買いし、無性に絵を描きたい衝動に襲われる。
同氏の絵本は高くて買えなかったのが心残り。

お土産を買いに立ち寄ったショッピングモールでiPod nanoを発見してしまい、買おうかどうしようか本気で悩んだ。
携帯も地元で機種変するよりかなり安く、こっちも真剣に悩む。
結局、どちらもギリギリで踏み止まったけど、かなり後ろ髪を引かれる思いだったのは言うまでもない。

前に信州へ来たときに見つけた「みけつのくにからオニオンスープ」を買い込む。一袋1000円を3つ。このオニオンスープはインスタントの中では絶品で、下手なファミレスのオニオンスープより遥かに美味い。地元には取り扱い店が無いから貴重だ。
信州まで来て淡路島のオニオンスープを買うことに疑問を持ってはいけない。
いけないのだ。
posted by カッパ at 07:08| Comment(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月20日

滝廻り

image/kawanagare-2005-09-20T11:39:20-1.jpgimage/kawanagare-2005-09-20T11:39:20-2.jpg

昨日観光しなかった反動か、今日はひたすら滝廻り。
善五郎の滝、三本滝…アップダウンが激しくて、おじさんはヘロヘロですよ。
マイナスイオン浴びまくり。
浴びすぎてふやけるほど。

三本滝に行くときは、乗鞍のマイカー規制が入るギリギリまで行ったこともあり、空気も美味しかった。近い空を見上げながら食べたソフトクリームも格別だった。

とりあえず山道を運転するの飽きましたよと。
posted by カッパ at 11:39| Comment(0) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

食い倒れ

image/kawanagare-2005-09-19T06:35:16-1.jpgimage/kawanagare-2005-09-19T06:35:16-2.jpg

信州の旅2日目は松本で食い倒れ。
とあるラーメンを食べに行ったものの、残念ながら都合によりお休みだったので、馬肉の名店、三河屋にて馬刺を食らう。
ここの馬刺を食べると地元の居酒屋の凍った馬刺は食べられなくなるほど美味しい。

宿泊は安曇野泉郷の貸し別荘で食事別のため、とりあえず夕飯と朝食の分だけ食料を買い込む。
ちなみに泉郷の貸し別荘は温泉付きで、建物と建物の間隔も広く静か。
猿もうろつく別荘地。
空気も美味しくお気に入り。

夕飯はかつ玄の弁当。
かつ玄は名前の通りカツが有名で、弁当にしてもらったカツは冷めても美味い。
松本に来る度にかつ玄でカツを食べていたけど、ずっとコロッケとメンチを食べるチャンスを狙っていた。
コロッケ等はかつ玄の仕出し部へ行かないと買えない。仕出し部の場所がわからなかったので今までは食べられなかったが、今回はきっちり調べて来た。
念願のコロッケとメンチも、やはり冷めてもうまかった。

貸し別荘に着いたら当然のように酒盛をするわけで、食べてばかりの1日だった。

え?
観光?
なにそれ美味しいの?
posted by カッパ at 06:35| Comment(3) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月18日

朝の諏訪湖

image/kawanagare-2005-09-18T05:38:10-1.jpg

突然ですが、只今諏訪湖にいます。

泊まっているホテルの大浴場には地酒風呂というのがあって、着いてすぐに飛び込んでみたものの、別に酒臭いわけでも酔っ払うわけでもなく。
ただ何となく全身が痒くなったような気がする。

さて、今日はどこへ行こうか。
posted by カッパ at 05:38| Comment(4) | 観光日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。