2009年07月02日

ViviCam5050

PICT0020.JPG

先日、ViviCam5050を買いました。
元々トイカメが大好きで、SMENA8MやHOLGAを愛用していたのですが、そろそろデジタルのトイカメが欲しくなり、ついつい衝動買い。

このカメラの面白い所は、通常だと色あせた感じの写真が撮れるんですが、Vividモードにするとド派手な色の写真が撮れるところです。
さっそく日比谷公園で試し撮り。

PICT0019.JPG
Vividモード

PICT0093.JPG
Vividモード、クローズアップレンズ使用

PICT0096.JPG
Vividモード、魚眼レンズ使用

なんだ、まともに写るじゃないか。
ちょっとガッカリビックリした。



PICT0131.JPG

この富士山は先日の誕生日に河口湖へ行った帰りに、本栖湖へ寄った際に撮影しました。6月になると雪は無いことの方が多いのですが、今年は遅くに雪が降ったそうで、山頂に雪が積もっていました。暑い中、雪化粧の富士山が見られたのは幸運でした。
魚眼レンズを使用しているので、周辺が流れちょっと面白い写真になりました。

ちなみに魚眼等を使っていない写真はこちら。

PICT0130.JPG

色あせた感じ。

日常的に持ち歩いて、気になったものでも撮ってみようかと思います。
もちろんドバイでも活躍してもらう予定です。
posted by カッパ at 17:38| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

パスポート

急遽、海外へ行くことになりそうなので、慌ててパスポートを申請に行ってきました。
戸籍謄本を取り、バタバタと横浜までひとっ走り。

パスポート用の写真は貿易センター内で撮ればいいと思い、持たずに行ったのですが、少し後悔しました。ハイハイハイと流れ作業であっと言う間に撮影され、心の準備もできていないままに写し出された顔は、どう見てもやる気の無いダメな顔。

これが10年残るのか…と、申請窓口に写真を出すのをためらったのでした。


え?
パスポートが出来たらFAXであっちに送るの?…ホントに?
ちょっと写真を修整してからでいい?ダメ?
…そうですか。
posted by カッパ at 23:39| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

お久しぶりです

自分でもビックリしていますが、まさかのブログ復帰です。
過去の記事はほとんどありませんが、また1から書いていこうと思います。
食べた物ばかり書くことになりそうな予感がしますが、よろしくお願いします。

ネタが無くならないことを祈るばかりです。
posted by カッパ at 00:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

ア ビヤント

日比谷シャンテ前。
もの凄い人だかりが、シャンテと東京宝塚劇場の間の道でひしめいていました。

PICT0118.JPG

宝塚歌劇団星組男役トップの安蘭けいさんが退団される日でした。

シャンテから出るのも一苦労の人の数。
そしてほとんどの人が白い服に身を包んでいます。
退団の日にはみなさん白い服で統一するのがファンのしきたりだそうです。

サヨナラ公演は何度観たか数えていませんが、大劇場まで観に行ったりもしました。
特に安蘭けいさんのファンというわけではなかったと思っていたのですが、連れられて何度も観に行っているうちに私もファンになっていたようで、見送っている時は、なんとも寂しい気持ちになりました。

お別れ会の会場である東京會舘まで連れを送った後、私は一足先に宿泊先のペニンシュラまで帰ったのですが、軽く迷子になったのはまた別のお話。
途中で寄り道さえしなければ…。

安蘭けいさんお疲れさまでした。

posted by カッパ at 01:20| Comment(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

BSBのコンサート

メールでチョロチョロと更新していた、バックストリート・ボーイズ(以下BSB)のコンサートへ行った件のまとめ。

image/kawanagare-2006-01-08T06:28:47-1.jpg
会場である東京ドームへ付いたのは17時過ぎ。
周りはすっかり暗くなって、電飾があちこちできらびやかに瞬いていた。
BSBのコンサートには、以前、代々木体育館でやったのにも行ったので、今回で2回目。代々木体育館のときは曲数も少なく、時間も1時間ほどで終わってしまったのが不満で、今回も短かったらやだなぁと思いながら入口へ。

image/kawanagare-2006-01-08T06:33:19-1.jpg
開場が16時からだったせいもあるのか、ドーム前は人だらけ。
当然ながら入口で手荷物チェックもしているので、余計に時間がかかるのは仕方ないにしても、中に入るまでかなりの時間がかかった。寒くて倒れそう。で、22番ゲートを抜けて1塁側スタンドへ。

image/kawanagare-2006-01-08T06:42:18-1.jpg
席からステージを望めば人だらけ。
待ち時間に売店とかをフラフラ見て回ると、ビールとかワインとかつまみセットを普通に売っていて笑った。さすが東京ドーム、他の会場とは一味違う。近くの席では飲んだくれてる人もいた。東京ドームでのコンサートは何年か前のドリカム以来。ドリカムのときはお酒売ってたかな…。

image/kawanagare-2006-01-08T06:47:32-1.jpg
18時過ぎに待ちに待った開演。
代々木体育館のときと似たようなセットだったので、時間も短いのかと不安だったけど、全く裏切られた。充実した内容に、時間が経つのも忘れるほど。英語だけど喋りもあり、大満足だった。写真は観客が携帯電話を取り出し、そのバックライトをトーチ代わりにしているシーン。携帯電話の電源を切れとか撮影するなとか言われるのが普通だと思っていたので、正直驚いた。当然、みんなドサクサに紛れて撮影するわけで。照明を落とした中で無数に光る携帯電話のバックライトは、さながら巨大プラネタリウムのようで、この演出はホントに綺麗だった。

ということで、とても満足だった。

その晩は近くの東京ドームホテルに宿泊したので、帰りの混雑に巻き込まれることもなく。
41階の部屋に泊まったんだけど、エレベーターがなかなか来なくてイライラした以外は、実に居心地がよくて根っこが生えそうだった。エレベーター10分以上待ちってありえないと思うわけで。
また、ここの2階にあるチャペルは壁が無く、通路から丸見えだけならまだしも、下の階はロビーなので、うるさかったり見せ物になったりしないのかなぁと何となく心配になった。
posted by カッパ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。