2006年01月07日

BSBのコンサート

メールでチョロチョロと更新していた、バックストリート・ボーイズ(以下BSB)のコンサートへ行った件のまとめ。

image/kawanagare-2006-01-08T06:28:47-1.jpg
会場である東京ドームへ付いたのは17時過ぎ。
周りはすっかり暗くなって、電飾があちこちできらびやかに瞬いていた。
BSBのコンサートには、以前、代々木体育館でやったのにも行ったので、今回で2回目。代々木体育館のときは曲数も少なく、時間も1時間ほどで終わってしまったのが不満で、今回も短かったらやだなぁと思いながら入口へ。

image/kawanagare-2006-01-08T06:33:19-1.jpg
開場が16時からだったせいもあるのか、ドーム前は人だらけ。
当然ながら入口で手荷物チェックもしているので、余計に時間がかかるのは仕方ないにしても、中に入るまでかなりの時間がかかった。寒くて倒れそう。で、22番ゲートを抜けて1塁側スタンドへ。

image/kawanagare-2006-01-08T06:42:18-1.jpg
席からステージを望めば人だらけ。
待ち時間に売店とかをフラフラ見て回ると、ビールとかワインとかつまみセットを普通に売っていて笑った。さすが東京ドーム、他の会場とは一味違う。近くの席では飲んだくれてる人もいた。東京ドームでのコンサートは何年か前のドリカム以来。ドリカムのときはお酒売ってたかな…。

image/kawanagare-2006-01-08T06:47:32-1.jpg
18時過ぎに待ちに待った開演。
代々木体育館のときと似たようなセットだったので、時間も短いのかと不安だったけど、全く裏切られた。充実した内容に、時間が経つのも忘れるほど。英語だけど喋りもあり、大満足だった。写真は観客が携帯電話を取り出し、そのバックライトをトーチ代わりにしているシーン。携帯電話の電源を切れとか撮影するなとか言われるのが普通だと思っていたので、正直驚いた。当然、みんなドサクサに紛れて撮影するわけで。照明を落とした中で無数に光る携帯電話のバックライトは、さながら巨大プラネタリウムのようで、この演出はホントに綺麗だった。

ということで、とても満足だった。

その晩は近くの東京ドームホテルに宿泊したので、帰りの混雑に巻き込まれることもなく。
41階の部屋に泊まったんだけど、エレベーターがなかなか来なくてイライラした以外は、実に居心地がよくて根っこが生えそうだった。エレベーター10分以上待ちってありえないと思うわけで。
また、ここの2階にあるチャペルは壁が無く、通路から丸見えだけならまだしも、下の階はロビーなので、うるさかったり見せ物になったりしないのかなぁと何となく心配になった。
posted by カッパ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。