2005年12月23日

炎のゴブレット

ハリー・ポッターと炎のゴブレットを観てきましたよ。

ドラゴンじゃなくてワイバーンじゃんとかフラー・デラクールの出番が少ないじゃんとか○○あっさり死にすぎとかロンが育ち過ぎとかやっぱりハーマイオニー可愛いとか双子が育ち過ぎで一瞬誰だかわからなかったとかロンの妹が育ち過ぎとか育ち過ぎとか育ち過ぎとか、何というか役者の発育の良さが気になって仕方なかった。
渡る世間は鬼ばかりのえなりかずきのようになっていくんだろうか。

個人的には、今までのハリー・ポッターシリーズでは一番好きなんだけど、世間の評価は違うようで驚いている。原作を読むと世界が変わるのかな…。

で、ハリーの春はいつくるんですか?
posted by カッパ at 23:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画とか舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

オペラ座の怪人

劇団四季のオペラ座の怪人を観てきましたよ。

実は2度目。
前回観たときは舞台正面の席だったので、今回は舞台からすぐ近くの隅っこで観劇。
観る角度が変わると、見える部分が変わって面白い。
冒頭のシャンデリアが天井へ上がって行くシーンやクライマックスのシャンデリアが落ちてくるシーンで、ササッと裏方さんが出てきてシャンデリアを支えたり、最後にファントムが消えるシーンの謎が解けたり。

前回観たときとはほとんどの役者さんが違う人だったんだけど、ファントム役の人は同じだった。ファントム役の高井治さんという方の声はすごく魅力的な声だ。厚みのあるテノールというのだろうか。甘い歌声にうっとりできること間違いなし。ファントムだから歌ってる内容はアレなんだけれども、それでも甘く聴かせてしまうのは見事だと思う。その甘い声がファントムの残忍さ、切なさ、激しい心の動きを、より一層深い物にしていると思う。

ということで、オペラ座の怪人は何度観ても面白い。
映画版は…翻訳が戸田女史でなければ…最高だったのに。

以下、自分のための覚え書き
オペラ座の怪人:高井 治
クリスティーヌ・ダーエ:苫田 亜沙子
ラウル・シャニュイ子爵:北澤 裕輔
カルロッタ・ジュディチェルリ:種子島 美樹
メグ・ジリー:松元 美樹
マダム・ジリー:秋山 知子
ムッシュー・アンドレ:林 和男
ムッシュー・フィルマン:小林 克人
ウバルド・ピアンジ:半場 俊一郎
ジョセフ・ブケー:岡 智
posted by カッパ at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画とか舞台とか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。